質問しよう
シリーズ目次

ゼロからはじめるUI情報設計

20
1.シリーズ全体像と手順
sss
1.シリーズ全体像と手順

1.シリーズ全体像と手順

どんなシリーズ?
05:09
どんなシリーズ?

どんなシリーズ?

シリーズをやるメリット
04:08
シリーズをやるメリット

シリーズをやるメリット

要件をUIに反映するデザインの流れ
06:58
要件をUIに反映するデザインの流れ

要件をUIに反映するデザインの流れ

【補足】おすすめの道具:紙とペン
03:09
【補足】おすすめの道具:紙とペン

【補足】おすすめの道具:紙とペン

2.要件内容を把握する
sss
2.要件内容を把握する

2.要件内容を把握する

お題を把握する-デザインの前に始めること
09:54
お題を把握する-デザインの前に始めること

お題を把握する-デザインの前に始めること

補足:内容がわからない時は1人で考えない
04:10
補足:内容がわからない時は1人で考えない

補足:内容がわからない時は1人で考えない

3.UIの要件定義をしよう
sss
3.UIの要件定義をしよう

3.UIの要件定義をしよう

UIの要件定義をトレースしよう
06:24
UIの要件定義をトレースしよう

UIの要件定義をトレースしよう

【重要】UIの要件を整理する意味あります?
05:59
【重要】UIの要件を整理する意味あります?

【重要】UIの要件を整理する意味あります?

トレースするUI要件定義の完成形をチェック
10:05
トレースするUI要件定義の完成形をチェック

トレースするUI要件定義の完成形をチェック

①ユースケース:UIを人がいつ使うか整理しよう
05:34
①ユースケース:UIを人がいつ使うか整理しよう

①ユースケース:UIを人がいつ使うか整理しよう

②行動フロー : UIで必要なアクションの整理
08:23
②行動フロー : UIで必要なアクションの整理

②行動フロー : UIで必要なアクションの整理

③オブジェクト:表示する情報を書き出そう
11:55
③オブジェクト:表示する情報を書き出そう

③オブジェクト:表示する情報を書き出そう

④タスク:UIで必要なアクションを整理する
07:43
④タスク:UIで必要なアクションを整理する

④タスク:UIで必要なアクションを整理する

UIのリサーチをしよう
xxx
UIのリサーチをしよう

UIのリサーチをしよう

1.作る前にUIを調べよう
03:32
1.作る前にUIを調べよう

1.作る前にUIを調べよう

UIリサーチの方法:同じカテゴリーのものを調べる
06:55
UIリサーチの方法:同じカテゴリーのものを調べる

UIリサーチの方法:同じカテゴリーのものを調べる

UIリサーチ:まずは構造から参考にしよう
04:58
UIリサーチ:まずは構造から参考にしよう

UIリサーチ:まずは構造から参考にしよう

UIの見た目よりまずは、構造を参考に仕様
02:40
UIの見た目よりまずは、構造を参考に仕様

UIの見た目よりまずは、構造を参考に仕様

UIのVer1.0をデザインする
xxx
UIのVer1.0をデザインする

UIのVer1.0をデザインする

UI制作スタート:手書きで情報設計
23:07
UI制作スタート:手書きで情報設計

UI制作スタート:手書きで情報設計

UI情報構造のデザインをトレースで実践学習
38:50
UI情報構造のデザインをトレースで実践学習

UI情報構造のデザインをトレースで実践学習

UI情報設計をブラッシュアップするには? - Ver.1で終わるのはハーゲンダッツ
04:36
UI情報設計をブラッシュアップするには? - Ver.1で終わるのはハーゲンダッツ

UI情報設計をブラッシュアップするには? - Ver.1で終わるのはハーゲンダッツ

ラフをデザインしたら、叩いてアイデアを出そう
13:08
ラフをデザインしたら、叩いてアイデアを出そう

ラフをデザインしたら、叩いてアイデアを出そう

「フィッシュボーン図」で課題解決のアイデアを効率よく考える
15:10
「フィッシュボーン図」で課題解決のアイデアを効率よく考える

「フィッシュボーン図」で課題解決のアイデアを効率よく考える

優先度を付ける。UIアイデアをパターンでデザインしていこう
23:12
優先度を付ける。UIアイデアをパターンでデザインしていこう

優先度を付ける。UIアイデアをパターンでデザインしていこう

UIの質の上げ方:テーブルUIをデザインする
21:23
UIの質の上げ方:テーブルUIをデザインする

UIの質の上げ方:テーブルUIをデザインする

配色はアクションからUIに指定していく
16:19
配色はアクションからUIに指定していく

配色はアクションからUIに指定していく

UIをブラッシュアップする方法:詳細ページの完成UIを紹介
36:45
UIをブラッシュアップする方法:詳細ページの完成UIを紹介

UIをブラッシュアップする方法:詳細ページの完成UIを紹介

おわりに:ゼロからはじめる情報設計
07:00
おわりに:ゼロからはじめる情報設計

おわりに:ゼロからはじめる情報設計

このデータから始めよう

この後のフローでも使うので、こちらで確保してください〜!

↓コピペして使ってください(Figma)

https://www.figma.com/file/mKYwB2QwNAM46x4jPyeSyR/%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E8%A8%AD%E8%A8%88---5-2%E3%81%AE%E5%85%83%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF?node-id=0%3A1&t=8EdXi64RJry7FxZr-1

簡易なデザインシステムを使うと楽

UIの基本的なパーツ(フォントや余白、色)に対して役割が分担されている状態で構造設計をするとかなり楽になります。見た目的なバランスは役割に左右されずに後から変更できると思うので、一旦ビジュアルが定まってない時は仮で定義しておいても良いかなと個人的には考えています。

02:18

ブロックの配置場所のセオリー

ブロックのサイズに関しては割合でサイズを決めるとバランスを考えやすくなると思います。絶対値(800pxが多いetc)で考えちゃうと、~~なサイズはダメなの?という本質的じゃない問いを生み出すと思います。

デザインはパーツ同士の相対的なバランスで良い悪いなどを判断していくので割合で構造を考えて設計していくと良いです。

かつブロック配置に関して、基本的にはシンメトリーに組むとバランスは良くなります。特別な理由がない場合はシンメトリーに見えるようにバランスを考えて配置していくとオーソドックスな見た目を作りやすいと思います。

10:23

他のサービスの構造を参考にしよう

自分の頭ではなく他サービスがどういうバランスで構造化してUIを作って表現しているか、参考にしながら組み立てましょう。まずは存在しているデザインから謙虚に学んでいく姿勢が大事です。

15:41

ブロックを意識できるデータを作っていこう

構造化=ブロック化が6-7割なので意識できるデータ設計をすると自分でも見直しやすいです。グループにする基準=意味のグループになっているなので、それを意識しながらデータも組めるようになっていくのが大切です。

22:23

このデータから始めよう

この後のフローでも使うので、こちらで確保してください〜!

↓コピペして使ってください(Figma)

https://www.figma.com/file/mKYwB2QwNAM46x4jPyeSyR/%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E8%A8%AD%E8%A8%88---5-2%E3%81%AE%E5%85%83%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF?node-id=0%3A1&t=8EdXi64RJry7FxZr-1

簡易なデザインシステムを使うと楽

UIの基本的なパーツ(フォントや余白、色)に対して役割が分担されている状態で構造設計をするとかなり楽になります。見た目的なバランスは役割に左右されずに後から変更できると思うので、一旦ビジュアルが定まってない時は仮で定義しておいても良いかなと個人的には考えています。

02:18

ブロックの配置場所のセオリー

ブロックのサイズに関しては割合でサイズを決めるとバランスを考えやすくなると思います。絶対値(800pxが多いetc)で考えちゃうと、~~なサイズはダメなの?という本質的じゃない問いを生み出すと思います。

デザインはパーツ同士の相対的なバランスで良い悪いなどを判断していくので割合で構造を考えて設計していくと良いです。

かつブロック配置に関して、基本的にはシンメトリーに組むとバランスは良くなります。特別な理由がない場合はシンメトリーに見えるようにバランスを考えて配置していくとオーソドックスな見た目を作りやすいと思います。

10:23

他のサービスの構造を参考にしよう

自分の頭ではなく他サービスがどういうバランスで構造化してUIを作って表現しているか、参考にしながら組み立てましょう。まずは存在しているデザインから謙虚に学んでいく姿勢が大事です。

15:41

ブロックを意識できるデータを作っていこう

構造化=ブロック化が6-7割なので意識できるデータ設計をすると自分でも見直しやすいです。グループにする基準=意味のグループになっているなので、それを意識しながらデータも組めるようになっていくのが大切です。

22:23

このデータから始めよう

この後のフローでも使うので、こちらで確保してください〜!

↓メンバーになると表示されます

動画の全てはBONOメンバー限定です。

動画を観れるプランのアカウントでログイン/メンバーシップ登録すると、動画の全てを閲覧できます。
(会員の方で動画が閲覧できない場合は、マイページからプランの確認をお願いします)

プランのページはこちら。

簡易なデザインシステムを使うと楽

UIの基本的なパーツ(フォントや余白、色)に対して役割が分担されている状態で構造設計をするとかなり楽になります。見た目的なバランスは役割に左右されずに後から変更できると思うので、一旦ビジュアルが定まってない時は仮で定義しておいても良いかなと個人的には考えています。

02:18

ブロックの配置場所のセオリー

ブロックのサイズに関しては割合でサイズを決めるとバランスを考えやすくなると思います。絶対値(800pxが多いetc)で考えちゃうと、~~なサイズはダメなの?という本質的じゃない問いを生み出すと思います。

デザインはパーツ同士の相対的なバランスで良い悪いなどを判断していくので割合で構造を考えて設計していくと良いです。

かつブロック配置に関して、基本的にはシンメトリーに組むとバランスは良くなります。特別な理由がない場合はシンメトリーに見えるようにバランスを考えて配置していくとオーソドックスな見た目を作りやすいと思います。

10:23

他のサービスの構造を参考にしよう

自分の頭ではなく他サービスがどういうバランスで構造化してUIを作って表現しているか、参考にしながら組み立てましょう。まずは存在しているデザインから謙虚に学んでいく姿勢が大事です。

15:41

ブロックを意識できるデータを作っていこう

構造化=ブロック化が6-7割なので意識できるデータ設計をすると自分でも見直しやすいです。グループにする基準=意味のグループになっているなので、それを意識しながらデータも組めるようになっていくのが大切です。

22:23

ゼロからはじめるUI情報設計

20
1.シリーズ全体像と手順
sss
1.シリーズ全体像と手順

1.シリーズ全体像と手順

どんなシリーズ?
05:09
どんなシリーズ?

どんなシリーズ?

シリーズをやるメリット
04:08
シリーズをやるメリット

シリーズをやるメリット

要件をUIに反映するデザインの流れ
06:58
要件をUIに反映するデザインの流れ

要件をUIに反映するデザインの流れ

【補足】おすすめの道具:紙とペン
03:09
【補足】おすすめの道具:紙とペン

【補足】おすすめの道具:紙とペン

2.要件内容を把握する
sss
2.要件内容を把握する

2.要件内容を把握する

お題を把握する-デザインの前に始めること
09:54
お題を把握する-デザインの前に始めること

お題を把握する-デザインの前に始めること

補足:内容がわからない時は1人で考えない
04:10
補足:内容がわからない時は1人で考えない

補足:内容がわからない時は1人で考えない

3.UIの要件定義をしよう
sss
3.UIの要件定義をしよう

3.UIの要件定義をしよう

UIの要件定義をトレースしよう
06:24
UIの要件定義をトレースしよう

UIの要件定義をトレースしよう

【重要】UIの要件を整理する意味あります?
05:59
【重要】UIの要件を整理する意味あります?

【重要】UIの要件を整理する意味あります?

トレースするUI要件定義の完成形をチェック
10:05
トレースするUI要件定義の完成形をチェック

トレースするUI要件定義の完成形をチェック

①ユースケース:UIを人がいつ使うか整理しよう
05:34
①ユースケース:UIを人がいつ使うか整理しよう

①ユースケース:UIを人がいつ使うか整理しよう

②行動フロー : UIで必要なアクションの整理
08:23
②行動フロー : UIで必要なアクションの整理

②行動フロー : UIで必要なアクションの整理

③オブジェクト:表示する情報を書き出そう
11:55
③オブジェクト:表示する情報を書き出そう

③オブジェクト:表示する情報を書き出そう

④タスク:UIで必要なアクションを整理する
07:43
④タスク:UIで必要なアクションを整理する

④タスク:UIで必要なアクションを整理する

UIのリサーチをしよう
xxx
UIのリサーチをしよう

UIのリサーチをしよう

1.作る前にUIを調べよう
03:32
1.作る前にUIを調べよう

1.作る前にUIを調べよう

UIリサーチの方法:同じカテゴリーのものを調べる
06:55
UIリサーチの方法:同じカテゴリーのものを調べる

UIリサーチの方法:同じカテゴリーのものを調べる

UIリサーチ:まずは構造から参考にしよう
04:58
UIリサーチ:まずは構造から参考にしよう

UIリサーチ:まずは構造から参考にしよう

UIの見た目よりまずは、構造を参考に仕様
02:40
UIの見た目よりまずは、構造を参考に仕様

UIの見た目よりまずは、構造を参考に仕様

UIのVer1.0をデザインする
xxx
UIのVer1.0をデザインする

UIのVer1.0をデザインする

UI制作スタート:手書きで情報設計
23:07
UI制作スタート:手書きで情報設計

UI制作スタート:手書きで情報設計

UI情報構造のデザインをトレースで実践学習
38:50
UI情報構造のデザインをトレースで実践学習

UI情報構造のデザインをトレースで実践学習

UI情報設計をブラッシュアップするには? - Ver.1で終わるのはハーゲンダッツ
04:36
UI情報設計をブラッシュアップするには? - Ver.1で終わるのはハーゲンダッツ

UI情報設計をブラッシュアップするには? - Ver.1で終わるのはハーゲンダッツ

ラフをデザインしたら、叩いてアイデアを出そう
13:08
ラフをデザインしたら、叩いてアイデアを出そう

ラフをデザインしたら、叩いてアイデアを出そう

「フィッシュボーン図」で課題解決のアイデアを効率よく考える
15:10
「フィッシュボーン図」で課題解決のアイデアを効率よく考える

「フィッシュボーン図」で課題解決のアイデアを効率よく考える

優先度を付ける。UIアイデアをパターンでデザインしていこう
23:12
優先度を付ける。UIアイデアをパターンでデザインしていこう

優先度を付ける。UIアイデアをパターンでデザインしていこう

UIの質の上げ方:テーブルUIをデザインする
21:23
UIの質の上げ方:テーブルUIをデザインする

UIの質の上げ方:テーブルUIをデザインする

配色はアクションからUIに指定していく
16:19
配色はアクションからUIに指定していく

配色はアクションからUIに指定していく

UIをブラッシュアップする方法:詳細ページの完成UIを紹介
36:45
UIをブラッシュアップする方法:詳細ページの完成UIを紹介

UIをブラッシュアップする方法:詳細ページの完成UIを紹介

おわりに:ゼロからはじめる情報設計
07:00
おわりに:ゼロからはじめる情報設計

おわりに:ゼロからはじめる情報設計

閉じる

0 Comments

Active Here: 0
Be the first to leave a comment.
Loading
Load Previous
Someone is typing...
No Name
Set
4 years ago
Moderator
(Edited)
This is the actual comment. It's can be long or short. And must contain only text information.
Your comment will appear once approved by a moderator.
Load Previous
No Name
Set
2 years ago
Moderator
(Edited)
This is the actual comment. It's can be long or short. And must contain only text information.
Your reply will appear once approved by a moderator.
Load More
Thank you! Your submission has been received!
Oops! Something went wrong while submitting the form.
Load More