戻る
メンバーシップになる
トップ
/
FAILURE POINT 改善点
/
2-3. KPIと課題 -BONOはなぜロードマップ注力するか?
コンテンツ一覧
コミュニティ

2-3. KPIと課題 -BONOはなぜロードマップ注力するか?

April 22, 2022
UXデザイン
保存
保存中
すべてを閲覧するにはBONOメンバーシップに登録しよう
BONO - プロと学ぶUIとUXのコミュニティ
詳細

事業の目標を紐解いてプロダクトと関連付けよう

事業数字に対して、プロダクトでどう貢献できるのか?ユーザーのニーズや課題とどうリンクするのか?
これを考えられるようになると課題リサーチや提案の質がグッと上がります。

いきなり理解するのは多分無理です。なので、自分が普段使っているサービスを例に分解する癖をつけましょう。
分解できてくると「あ〜だから新しくこういうことやってるのかな?」というのが予想をつけられてきます。

あんまりここは学問で学ぶより、実際に身の回りにあるサービスで考えて事例理解した方がわかりやすいと思います。

ぜひ動画でBONOを例にやっているので、参考にいろんなものを見る目を養ってください。
UX〜や、プロダクト施策に生きてくると思います。

事業の目標を紐解いてプロダクトと関連付けよう

事業数字に対して、プロダクトでどう貢献できるのか?ユーザーのニーズや課題とどうリンクするのか?
これを考えられるようになると課題リサーチや提案の質がグッと上がります。

いきなり理解するのは多分無理です。なので、自分が普段使っているサービスを例に分解する癖をつけましょう。
分解できてくると「あ〜だから新しくこういうことやってるのかな?」というのが予想をつけられてきます。

あんまりここは学問で学ぶより、実際に身の回りにあるサービスで考えて事例理解した方がわかりやすいと思います。

ぜひ動画でBONOを例にやっているので、参考にいろんなものを見る目を養ってください。
UX〜や、プロダクト施策に生きてくると思います。

事業の目標を紐解いてプロダクトと関連付けよう

事業数字に対して、プロダクトでどう貢献できるのか?ユーザーのニーズや課題とどうリンクするのか?
これを考えられるようになると課題リサーチや提案の質がグッと上がります。

いきなり理解するのは多分無理です。なので、自分が普段使っているサービスを例に分解する癖をつけましょう。
分解できてくると「あ〜だから新しくこういうことやってるのかな?」というのが予想をつけられてきます。

あんまりここは学問で学ぶより、実際に身の回りにあるサービスで考えて事例理解した方がわかりやすいと思います。

ぜひ動画でBONOを例にやっているので、参考にいろんなものを見る目を養ってください。
UX〜や、プロダクト施策に生きてくると思います。

FAILURE POINT 改善点

15
1.良いサービスをデザインしたい全ての人へ
000000
1.良いサービスをデザインしたい全ての人へ

1.良いサービスをデザインしたい全ての人へ

1-1.課題とは何か-ゴールと現状ギャップ
08:35
1-1.課題とは何か-ゴールと現状ギャップ

1-1.課題とは何か-ゴールと現状ギャップ

1-2.シリーズの目次説明
04:12
1-2.シリーズの目次説明

1-2.シリーズの目次説明

1-3.サービス課題を発見する4つの方法
11:04
1-3.サービス課題を発見する4つの方法

1-3.サービス課題を発見する4つの方法

1-4.デザイナーが貢献することは?
09:18
1-4.デザイナーが貢献することは?

1-4.デザイナーが貢献することは?

2.事業/サービスのゴールを把握
0000
2.事業/サービスのゴールを把握

2.事業/サービスのゴールを把握

2-1.なぜあなたの提案は却下されるのか?
06:05
2-1.なぜあなたの提案は却下されるのか?

2-1.なぜあなたの提案は却下されるのか?

2-2.【方向性】クラシルとクックパッドはなぜ違うのか?
12:16
2-2.【方向性】クラシルとクックパッドはなぜ違うのか?

2-2.【方向性】クラシルとクックパッドはなぜ違うのか?

2-3. KPIと課題 -BONOはなぜロードマップ注力するか?
15:17
2-3. KPIと課題 -BONOはなぜロードマップ注力するか?

2-3. KPIと課題 -BONOはなぜロードマップ注力するか?

3.方法:行動フローで課題を見つける
000
3.方法:行動フローで課題を見つける

3.方法:行動フローで課題を見つける

3-1.ゴールまでの思考と行動の課題を見つける
00:00
3-1.ゴールまでの思考と行動の課題を見つける

3-1.ゴールまでの思考と行動の課題を見つける

3-2.行動フローを書いてみよう
00:00
3-2.行動フローを書いてみよう

3-2.行動フローを書いてみよう

3-3.行動フローで課題を出そう
00:00
3-3.行動フローで課題を出そう

3-3.行動フローで課題を出そう

3-4.お題-サービス課題を行動フローで出してみよう
00:00
3-4.お題-サービス課題を行動フローで出してみよう

3-4.お題-サービス課題を行動フローで出してみよう

4.方法:ユーザー像から課題を見つける
0000
4.方法:ユーザー像から課題を見つける

4.方法:ユーザー像から課題を見つける

4-1.ユーザー像とサービスのギャップから課題を探す
11:49
4-1.ユーザー像とサービスのギャップから課題を探す

4-1.ユーザー像とサービスのギャップから課題を探す

4-2.ユーザー像のまとめ方【ゴールが大事】
10:16
4-2.ユーザー像のまとめ方【ゴールが大事】

4-2.ユーザー像のまとめ方【ゴールが大事】

4-3.ヒアリングのコツ
12:16
4-3.ヒアリングのコツ

4-3.ヒアリングのコツ

4-4.ユーザー像のまとめ方と課題発見
08:54
4-4.ユーザー像のまとめ方と課題発見

4-4.ユーザー像のまとめ方と課題発見

4-5.お題:ユーザー像を定義しよう
NoVideo
4-5.お題:ユーザー像を定義しよう

4-5.お題:ユーザー像を定義しよう

5.方法:代替手段から課題を見つける
00:00
5.方法:代替手段から課題を見つける

5.方法:代替手段から課題を見つける

5-1.ユーザーが他に取っている手段から課題を見つけよう
00:00
5-1.ユーザーが他に取っている手段から課題を見つけよう

5-1.ユーザーが他に取っている手段から課題を見つけよう

5-2.代替手段を調べよう
00:00
5-2.代替手段を調べよう

5-2.代替手段を調べよう

5-3.代替手段を自社サービスで満たせる考えよう
NoContent
5-3.代替手段を自社サービスで満たせる考えよう

5-3.代替手段を自社サービスで満たせる考えよう

5-4.お題-代替手段を調べて課題を考えよう
NoContent
5-4.お題-代替手段を調べて課題を考えよう

5-4.お題-代替手段を調べて課題を考えよう

6.方法:成功体験から課題を見つける
00:00
6.方法:成功体験から課題を見つける

6.方法:成功体験から課題を見つける

6-1.成功体験はヒントの宝庫
NoContent
6-1.成功体験はヒントの宝庫

6-1.成功体験はヒントの宝庫

6-2.成功体験を改善施策に落とそう
NoContent
6-2.成功体験を改善施策に落とそう

6-2.成功体験を改善施策に落とそう

6-3.お題 成功体験から改善点を探そう
NoContent
6-3.お題 成功体験から改善点を探そう

6-3.お題 成功体験から改善点を探そう