戻る
メンバーシップになる
トップ
/
FAILURE POINT 改善点
/
1-4.デザイナーが貢献することは?
コンテンツ一覧
コミュニティ

1-4.デザイナーが貢献することは?

January 27, 2022
UXデザイン
保存
保存中
すべてを閲覧するにはBONOメンバーシップに登録しよう
BONO - プロと学ぶUIとUXのコミュニティ
詳細

貢献するもの

  1. コミュニケーション
  2. プロダクト体験
  3. サービス体験

1.コミュニケーション

  • サービスや機能と適切にコミュニケーションする
  • 例:グラフィック、コピーライティングを通してサービスや機能価値の認知を正確に届ける
  • 認知
  • リリース / LP / OGP画像 / 図解 など
  • プロダクト
  • 何の機能か?プロダクトか
  • 何をして欲しい画面か
  • なぜエラーなのか

2.プロダクト体験

  • ユーザーのゴールに対してシステムを提供する。その間を”1番シンプルに””適切に扱えるよう”にプロダクトをデザインする
  • 例:
  • ユーザーの気持ちに寄り添った画面フローの設計
  • 不要な手順を省く
  • 手順の中で離脱が多ければ解決する
  • 自分の手足のようにソフトウェアを使えるように設計する

3.サービス体験

  • ユーザーのゴールに対してより良い価値提案をする
  • UIに縛られない。ゴールを達成しやすくなり、サービスや組織の方向性と合致しているWinWinな提案を定義し、実行な形に落とす。
  • 例 : メルカリ
  • らくらく便。
  • 梱包発送たのめる便。

貢献するもの

  1. コミュニケーション
  2. プロダクト体験
  3. サービス体験

1.コミュニケーション

  • サービスや機能と適切にコミュニケーションする
  • 例:グラフィック、コピーライティングを通してサービスや機能価値の認知を正確に届ける
  • 認知
  • リリース / LP / OGP画像 / 図解 など
  • プロダクト
  • 何の機能か?プロダクトか
  • 何をして欲しい画面か
  • なぜエラーなのか

2.プロダクト体験

  • ユーザーのゴールに対してシステムを提供する。その間を”1番シンプルに””適切に扱えるよう”にプロダクトをデザインする
  • 例:
  • ユーザーの気持ちに寄り添った画面フローの設計
  • 不要な手順を省く
  • 手順の中で離脱が多ければ解決する
  • 自分の手足のようにソフトウェアを使えるように設計する

3.サービス体験

  • ユーザーのゴールに対してより良い価値提案をする
  • UIに縛られない。ゴールを達成しやすくなり、サービスや組織の方向性と合致しているWinWinな提案を定義し、実行な形に落とす。
  • 例 : メルカリ
  • らくらく便。
  • 梱包発送たのめる便。

貢献するもの

  1. コミュニケーション
  2. プロダクト体験
  3. サービス体験

1.コミュニケーション

  • サービスや機能と適切にコミュニケーションする
  • 例:グラフィック、コピーライティングを通してサービスや機能価値の認知を正確に届ける
  • 認知
  • リリース / LP / OGP画像 / 図解 など
  • プロダクト
  • 何の機能か?プロダクトか
  • 何をして欲しい画面か
  • なぜエラーなのか

2.プロダクト体験

  • ユーザーのゴールに対してシステムを提供する。その間を”1番シンプルに””適切に扱えるよう”にプロダクトをデザインする
  • 例:
  • ユーザーの気持ちに寄り添った画面フローの設計
  • 不要な手順を省く
  • 手順の中で離脱が多ければ解決する
  • 自分の手足のようにソフトウェアを使えるように設計する

3.サービス体験

  • ユーザーのゴールに対してより良い価値提案をする
  • UIに縛られない。ゴールを達成しやすくなり、サービスや組織の方向性と合致しているWinWinな提案を定義し、実行な形に落とす。
  • 例 : メルカリ
  • らくらく便。
  • 梱包発送たのめる便。

FAILURE POINT 改善点

15
1.良いサービスをデザインしたい全ての人へ
000000
1.良いサービスをデザインしたい全ての人へ

1.良いサービスをデザインしたい全ての人へ

1-1.課題とは何か-ゴールと現状ギャップ
08:35
1-1.課題とは何か-ゴールと現状ギャップ

1-1.課題とは何か-ゴールと現状ギャップ

1-2.シリーズの目次説明
04:12
1-2.シリーズの目次説明

1-2.シリーズの目次説明

1-3.サービス課題を発見する4つの方法
11:04
1-3.サービス課題を発見する4つの方法

1-3.サービス課題を発見する4つの方法

1-4.デザイナーが貢献することは?
09:18
1-4.デザイナーが貢献することは?

1-4.デザイナーが貢献することは?

2.事業/サービスのゴールを把握
0000
2.事業/サービスのゴールを把握

2.事業/サービスのゴールを把握

2-1.なぜあなたの提案は却下されるのか?
06:05
2-1.なぜあなたの提案は却下されるのか?

2-1.なぜあなたの提案は却下されるのか?

2-2.【方向性】クラシルとクックパッドはなぜ違うのか?
12:16
2-2.【方向性】クラシルとクックパッドはなぜ違うのか?

2-2.【方向性】クラシルとクックパッドはなぜ違うのか?

2-3. KPIと課題 -BONOはなぜロードマップ注力するか?
15:17
2-3. KPIと課題 -BONOはなぜロードマップ注力するか?

2-3. KPIと課題 -BONOはなぜロードマップ注力するか?

3.方法:行動フローで課題を見つける
000
3.方法:行動フローで課題を見つける

3.方法:行動フローで課題を見つける

3-1.ゴールまでの思考と行動の課題を見つける
00:00
3-1.ゴールまでの思考と行動の課題を見つける

3-1.ゴールまでの思考と行動の課題を見つける

3-2.行動フローを書いてみよう
00:00
3-2.行動フローを書いてみよう

3-2.行動フローを書いてみよう

3-3.行動フローで課題を出そう
00:00
3-3.行動フローで課題を出そう

3-3.行動フローで課題を出そう

3-4.お題-サービス課題を行動フローで出してみよう
00:00
3-4.お題-サービス課題を行動フローで出してみよう

3-4.お題-サービス課題を行動フローで出してみよう

4.方法:ユーザー像から課題を見つける
0000
4.方法:ユーザー像から課題を見つける

4.方法:ユーザー像から課題を見つける

4-1.ユーザー像とサービスのギャップから課題を探す
11:49
4-1.ユーザー像とサービスのギャップから課題を探す

4-1.ユーザー像とサービスのギャップから課題を探す

4-2.ユーザー像のまとめ方【ゴールが大事】
10:16
4-2.ユーザー像のまとめ方【ゴールが大事】

4-2.ユーザー像のまとめ方【ゴールが大事】

4-3.ヒアリングのコツ
12:16
4-3.ヒアリングのコツ

4-3.ヒアリングのコツ

4-4.ユーザー像のまとめ方と課題発見
08:54
4-4.ユーザー像のまとめ方と課題発見

4-4.ユーザー像のまとめ方と課題発見

4-5.お題:ユーザー像を定義しよう
NoVideo
4-5.お題:ユーザー像を定義しよう

4-5.お題:ユーザー像を定義しよう

5.方法:代替手段から課題を見つける
00:00
5.方法:代替手段から課題を見つける

5.方法:代替手段から課題を見つける

5-1.ユーザーが他に取っている手段から課題を見つけよう
00:00
5-1.ユーザーが他に取っている手段から課題を見つけよう

5-1.ユーザーが他に取っている手段から課題を見つけよう

5-2.代替手段を調べよう
00:00
5-2.代替手段を調べよう

5-2.代替手段を調べよう

5-3.代替手段を自社サービスで満たせる考えよう
NoContent
5-3.代替手段を自社サービスで満たせる考えよう

5-3.代替手段を自社サービスで満たせる考えよう

5-4.お題-代替手段を調べて課題を考えよう
NoContent
5-4.お題-代替手段を調べて課題を考えよう

5-4.お題-代替手段を調べて課題を考えよう

6.方法:成功体験から課題を見つける
00:00
6.方法:成功体験から課題を見つける

6.方法:成功体験から課題を見つける

6-1.成功体験はヒントの宝庫
NoContent
6-1.成功体験はヒントの宝庫

6-1.成功体験はヒントの宝庫

6-2.成功体験を改善施策に落とそう
NoContent
6-2.成功体験を改善施策に落とそう

6-2.成功体験を改善施策に落とそう

6-3.お題 成功体験から改善点を探そう
NoContent
6-3.お題 成功体験から改善点を探そう

6-3.お題 成功体験から改善点を探そう