戻る
メンバーシップになる
トップ
/
FAILURE POINT 改善点
/
4-4.ユーザー像のまとめ方と課題発見
コンテンツ一覧
コミュニティ

4-4.ユーザー像のまとめ方と課題発見

February 8, 2022
UXデザイン
保存
保存中
すべてを閲覧するにはBONOメンバーシップに登録しよう
BONO - プロと学ぶUIとUXのコミュニティ
詳細

ユーザ像をまとめる/課題を見つける

この動画ではヒアリング後にユーザー像をまとめるコツについて話します。コツというかヒアリングから考察しながらシートを埋めていくコツです。

その前に基本的なイメージを書くと基本的には共有しているシートに定義するという作業をして1人1人まとめていきます。最終的にはサービスとして対象にするユーザー像を何パターンかに抽象化します。

まとめることによって自分達が考えていることのギャップを見つけたり、ゴールに対して満たせてない部分を見つけられたりするはずです。

事実と自分達の考えは別で整理する

ヒアリングをしていると実際にユーザーさんが言ったこと、取っている行動と、自分達の間が(時に妄想)が一緒になってしまうことがあります。

なのでまずは「事実」と「考え/推測」を別々に整理します。

やり方としてはまずは「事実」を整理します。そこから考えられる仮説、サービスの改善やアイデアに使えるものを書き出していきます。

まとめる項目はシートに沿う

事実

・サービスに関わるものでどんな生活をしているか

・最近の出来事

・どんな手段をとっているか

・手段を選択する際の考えや価値観

※できるだけ詳細に。その人になれるぐらい書く

行動

・手段別にまとめる

・手段をとったきっかけ

・手段を取る思考と行動フローをまとめる

・フローに対するポジティブな面や課題についてまとめる

ゴール

・手段を取る理由などからその先に得たいことを推測する

・結果がゴールであり、手段はゴールではない

これらの項目に対してできるだけ詳しく聞くし、まとめる。

事実とアイデアを全ての項目に対して分けると良いです。

課題を見つける

最初の動画で話した課題を見つける3つのポイントを参考に課題を見つける

  1. ゴールがズレている(ユーザーが達成したいこと、サービスで提供していること)
  2. 現状の行動から大きく違うサービスを提供している
  3. 提供している手段に課題がある

サービスに必須/重要度が高いものを抜き出す

まとめた後はいろんな情報が飛び交っていると思います。この中から「最低限はここは実現体験提供しないといけないポイント」「ここを実現できると幸福度が高いポイント」を絞ることもやりましょう。

鳥の目になって俯瞰して1番大事な部分を定義しておくことで迷わずにヒントをサービスデザインに活かせます。

ユーザ像をまとめる/課題を見つける

この動画ではヒアリング後にユーザー像をまとめるコツについて話します。コツというかヒアリングから考察しながらシートを埋めていくコツです。

その前に基本的なイメージを書くと基本的には共有しているシートに定義するという作業をして1人1人まとめていきます。最終的にはサービスとして対象にするユーザー像を何パターンかに抽象化します。

まとめることによって自分達が考えていることのギャップを見つけたり、ゴールに対して満たせてない部分を見つけられたりするはずです。

事実と自分達の考えは別で整理する

ヒアリングをしていると実際にユーザーさんが言ったこと、取っている行動と、自分達の間が(時に妄想)が一緒になってしまうことがあります。

なのでまずは「事実」と「考え/推測」を別々に整理します。

やり方としてはまずは「事実」を整理します。そこから考えられる仮説、サービスの改善やアイデアに使えるものを書き出していきます。

まとめる項目はシートに沿う

事実

・サービスに関わるものでどんな生活をしているか

・最近の出来事

・どんな手段をとっているか

・手段を選択する際の考えや価値観

※できるだけ詳細に。その人になれるぐらい書く

行動

・手段別にまとめる

・手段をとったきっかけ

・手段を取る思考と行動フローをまとめる

・フローに対するポジティブな面や課題についてまとめる

ゴール

・手段を取る理由などからその先に得たいことを推測する

・結果がゴールであり、手段はゴールではない

これらの項目に対してできるだけ詳しく聞くし、まとめる。

事実とアイデアを全ての項目に対して分けると良いです。

課題を見つける

最初の動画で話した課題を見つける3つのポイントを参考に課題を見つける

  1. ゴールがズレている(ユーザーが達成したいこと、サービスで提供していること)
  2. 現状の行動から大きく違うサービスを提供している
  3. 提供している手段に課題がある

サービスに必須/重要度が高いものを抜き出す

まとめた後はいろんな情報が飛び交っていると思います。この中から「最低限はここは実現体験提供しないといけないポイント」「ここを実現できると幸福度が高いポイント」を絞ることもやりましょう。

鳥の目になって俯瞰して1番大事な部分を定義しておくことで迷わずにヒントをサービスデザインに活かせます。

ヒアリングをした後のユーザ像のまとめ方

この動画ではヒアリング後にユーザー像をまとめるコツについて話します。コツというかヒアリングから考察しながらシートを埋めていくコツです。

その前に基本的なイメージを書くと基本的には共有しているシートに定義するという作業をして1人1人まとめていきます。最終的にはサービスとして対象にするユーザー像を何パターンかに抽象化します。

事実と自分達の考えは別で整理する

ヒアリングをしていると実際にユーザーさんが言ったこと、取っている行動と、自分達の間が(時に妄想)が一緒になってしまうことがあります。

なのでまずは「事実」と「考え/推測」を別々に整理します。

やり方としてはまずは「事実」を整理します。そこから考えられる仮説、サービスの改善やアイデアに使えるものを書き出していきます。

ーーメンバーシップ会員のみ、この後のものを読むことができます。

FAILURE POINT 改善点

15
1.良いサービスをデザインしたい全ての人へ
000000
1.良いサービスをデザインしたい全ての人へ

1.良いサービスをデザインしたい全ての人へ

1-1.課題とは何か-ゴールと現状ギャップ
08:35
1-1.課題とは何か-ゴールと現状ギャップ

1-1.課題とは何か-ゴールと現状ギャップ

1-2.シリーズの目次説明
04:12
1-2.シリーズの目次説明

1-2.シリーズの目次説明

1-3.サービス課題を発見する4つの方法
11:04
1-3.サービス課題を発見する4つの方法

1-3.サービス課題を発見する4つの方法

1-4.デザイナーが貢献することは?
09:18
1-4.デザイナーが貢献することは?

1-4.デザイナーが貢献することは?

2.事業/サービスのゴールを把握
0000
2.事業/サービスのゴールを把握

2.事業/サービスのゴールを把握

2-1.なぜあなたの提案は却下されるのか?
06:05
2-1.なぜあなたの提案は却下されるのか?

2-1.なぜあなたの提案は却下されるのか?

2-2.【方向性】クラシルとクックパッドはなぜ違うのか?
12:16
2-2.【方向性】クラシルとクックパッドはなぜ違うのか?

2-2.【方向性】クラシルとクックパッドはなぜ違うのか?

2-3. KPIと課題 -BONOはなぜロードマップ注力するか?
15:17
2-3. KPIと課題 -BONOはなぜロードマップ注力するか?

2-3. KPIと課題 -BONOはなぜロードマップ注力するか?

3.方法:行動フローで課題を見つける
000
3.方法:行動フローで課題を見つける

3.方法:行動フローで課題を見つける

3-1.ゴールまでの思考と行動の課題を見つける
00:00
3-1.ゴールまでの思考と行動の課題を見つける

3-1.ゴールまでの思考と行動の課題を見つける

3-2.行動フローを書いてみよう
00:00
3-2.行動フローを書いてみよう

3-2.行動フローを書いてみよう

3-3.行動フローで課題を出そう
00:00
3-3.行動フローで課題を出そう

3-3.行動フローで課題を出そう

3-4.お題-サービス課題を行動フローで出してみよう
00:00
3-4.お題-サービス課題を行動フローで出してみよう

3-4.お題-サービス課題を行動フローで出してみよう

4.方法:ユーザー像から課題を見つける
0000
4.方法:ユーザー像から課題を見つける

4.方法:ユーザー像から課題を見つける

4-1.ユーザー像とサービスのギャップから課題を探す
11:49
4-1.ユーザー像とサービスのギャップから課題を探す

4-1.ユーザー像とサービスのギャップから課題を探す

4-2.ユーザー像のまとめ方【ゴールが大事】
10:16
4-2.ユーザー像のまとめ方【ゴールが大事】

4-2.ユーザー像のまとめ方【ゴールが大事】

4-3.ヒアリングのコツ
12:16
4-3.ヒアリングのコツ

4-3.ヒアリングのコツ

4-4.ユーザー像のまとめ方と課題発見
08:54
4-4.ユーザー像のまとめ方と課題発見

4-4.ユーザー像のまとめ方と課題発見

4-5.お題:ユーザー像を定義しよう
NoVideo
4-5.お題:ユーザー像を定義しよう

4-5.お題:ユーザー像を定義しよう

5.方法:代替手段から課題を見つける
00:00
5.方法:代替手段から課題を見つける

5.方法:代替手段から課題を見つける

5-1.ユーザーが他に取っている手段から課題を見つけよう
00:00
5-1.ユーザーが他に取っている手段から課題を見つけよう

5-1.ユーザーが他に取っている手段から課題を見つけよう

5-2.代替手段を調べよう
00:00
5-2.代替手段を調べよう

5-2.代替手段を調べよう

5-3.代替手段を自社サービスで満たせる考えよう
NoContent
5-3.代替手段を自社サービスで満たせる考えよう

5-3.代替手段を自社サービスで満たせる考えよう

5-4.お題-代替手段を調べて課題を考えよう
NoContent
5-4.お題-代替手段を調べて課題を考えよう

5-4.お題-代替手段を調べて課題を考えよう

6.方法:成功体験から課題を見つける
00:00
6.方法:成功体験から課題を見つける

6.方法:成功体験から課題を見つける

6-1.成功体験はヒントの宝庫
NoContent
6-1.成功体験はヒントの宝庫

6-1.成功体験はヒントの宝庫

6-2.成功体験を改善施策に落とそう
NoContent
6-2.成功体験を改善施策に落とそう

6-2.成功体験を改善施策に落とそう

6-3.お題 成功体験から改善点を探そう
NoContent
6-3.お題 成功体験から改善点を探そう

6-3.お題 成功体験から改善点を探そう