戻る
メンバーシップになる
トップ
/
FAILURE POINT 改善点
/
3-2.行動フローを書いてみよう
コンテンツ一覧
コミュニティ

3-2.行動フローを書いてみよう

February 24, 2022
UXデザイン
保存
保存中
すべてを閲覧するにはBONOメンバーシップに登録しよう
BONO - プロと学ぶUIとUXのコミュニティ
詳細

この動画で伝えたいこと

  • 行動フローの目的:行動フローは改善したい体験/手段の現状をユーザーになりきって把握する方法
  • なんのため?:課題を見つけるために現状を客観的に捉えるための手法(書けば良いわけではない)
  • ポイント:「現在〜ゴールまで」の心情や行動を細かくフローで書き把握するのがポイント
  • 書き方:自分で仮説を出すのも良い。ヒアリングして客観的に把握するのがベスト

行動フローを書いてみよう

お題 : 実際に分析したいサービスを決めて行動フローを書いてみよう。
(30分。時間とサービスを1つ決めてやってみよう)

今回の動画の内容を真似してサービスの「行動フロー」を完成させてみましょう。
題材は何でもOKです。あまり使ったことのないサービスより、長い時間利用したことのあるものが良いでしょう。

動画ではBONOを題材にします。「メンバー登録する」をゴールに、現フローを分析します。

観てるだけだとやった気になってしまうのでぜひやってみてください。

行動フローの書き方

BONOで登録するまでを事例にフローを書いて整理してみましょう。

  1. 調べたいこと+”ゴール”を設定する
  2. 思考と行動の流れをできるだけ細かく書く(可能ならフェーズで区切る)
  3. 各フローの具体を貼る
  4. 各フローで運営的にはやってほしいことを書く

具体例はこちら

できればヒアリングで実際の人がどう感じるか、なども含めて行動フローを把握していくがベストです。

この動画で伝えたいこと

  • 行動フローの目的:行動フローは改善したい体験/手段の現状をユーザーになりきって把握する方法
  • なんのため?:課題を見つけるために現状を客観的に捉えるための手法(書けば良いわけではない)
  • ポイント:「現在〜ゴールまで」の心情や行動を細かくフローで書き把握するのがポイント
  • 書き方:自分で仮説を出すのも良い。ヒアリングして客観的に把握するのがベスト

行動フローを書いてみよう

お題 : 実際に分析したいサービスを決めて行動フローを書いてみよう。
(30分。時間とサービスを1つ決めてやってみよう)

今回の動画の内容を真似してサービスの「行動フロー」を完成させてみましょう。
題材は何でもOKです。あまり使ったことのないサービスより、長い時間利用したことのあるものが良いでしょう。

動画ではBONOを題材にします。「メンバー登録する」をゴールに、現フローを分析します。

観てるだけだとやった気になってしまうのでぜひやってみてください。

行動フローの書き方

BONOで登録するまでを事例にフローを書いて整理してみましょう。

  1. 調べたいこと+”ゴール”を設定する
  2. 思考と行動の流れをできるだけ細かく書く(可能ならフェーズで区切る)
  3. 各フローの具体を貼る
  4. 各フローで運営的にはやってほしいことを書く

具体例はこちら

できればヒアリングで実際の人がどう感じるか、なども含めて行動フローを把握していくがベストです。

行動フローを書いてみよう

今回の動画の内容を真似してサービスの「行動フロー」を完成させてみましょう。
題材は何でもOKです。あまり使ったことのないサービスより、長い時間利用したことのあるものが良いでしょう。

動画ではBONOを題材にします。「メンバー登録する」をゴールに、現フローを分析します。

観てるだけだとやった気になってしまうのでぜひやってみてください。

結論

  • 目的:行動フローは改善したい体験/手段の現状をユーザーになりきって把握する方法
  • 課題を見つけるために現状を客観的に捉えるための手法(書けば良いわけではない)
  • 「現在〜ゴールまで」の心情や行動を細かくフローで書き把握するのがポイント
  • 各フローで「運営的にやってほしいこと」を書く
  • 自分で仮説を出すのも良い。ヒアリングして客観的に把握するのがベスト

詳しくはメンバーシップになると読むことができます!

FAILURE POINT 改善点

15
1.良いサービスをデザインしたい全ての人へ
000000
1.良いサービスをデザインしたい全ての人へ

1.良いサービスをデザインしたい全ての人へ

1-1.課題とは何か-ゴールと現状ギャップ
08:35
1-1.課題とは何か-ゴールと現状ギャップ

1-1.課題とは何か-ゴールと現状ギャップ

1-2.シリーズの目次説明
04:12
1-2.シリーズの目次説明

1-2.シリーズの目次説明

1-3.サービス課題を発見する4つの方法
11:04
1-3.サービス課題を発見する4つの方法

1-3.サービス課題を発見する4つの方法

1-4.デザイナーが貢献することは?
09:18
1-4.デザイナーが貢献することは?

1-4.デザイナーが貢献することは?

2.事業/サービスのゴールを把握
0000
2.事業/サービスのゴールを把握

2.事業/サービスのゴールを把握

2-1.なぜあなたの提案は却下されるのか?
06:05
2-1.なぜあなたの提案は却下されるのか?

2-1.なぜあなたの提案は却下されるのか?

2-2.【方向性】クラシルとクックパッドはなぜ違うのか?
12:16
2-2.【方向性】クラシルとクックパッドはなぜ違うのか?

2-2.【方向性】クラシルとクックパッドはなぜ違うのか?

2-3. KPIと課題 -BONOはなぜロードマップ注力するか?
15:17
2-3. KPIと課題 -BONOはなぜロードマップ注力するか?

2-3. KPIと課題 -BONOはなぜロードマップ注力するか?

3.方法:行動フローで課題を見つける
000
3.方法:行動フローで課題を見つける

3.方法:行動フローで課題を見つける

3-1.ゴールまでの思考と行動の課題を見つける
00:00
3-1.ゴールまでの思考と行動の課題を見つける

3-1.ゴールまでの思考と行動の課題を見つける

3-2.行動フローを書いてみよう
00:00
3-2.行動フローを書いてみよう

3-2.行動フローを書いてみよう

3-3.行動フローで課題を出そう
00:00
3-3.行動フローで課題を出そう

3-3.行動フローで課題を出そう

3-4.お題-サービス課題を行動フローで出してみよう
00:00
3-4.お題-サービス課題を行動フローで出してみよう

3-4.お題-サービス課題を行動フローで出してみよう

4.方法:ユーザー像から課題を見つける
0000
4.方法:ユーザー像から課題を見つける

4.方法:ユーザー像から課題を見つける

4-1.ユーザー像とサービスのギャップから課題を探す
11:49
4-1.ユーザー像とサービスのギャップから課題を探す

4-1.ユーザー像とサービスのギャップから課題を探す

4-2.ユーザー像のまとめ方【ゴールが大事】
10:16
4-2.ユーザー像のまとめ方【ゴールが大事】

4-2.ユーザー像のまとめ方【ゴールが大事】

4-3.ヒアリングのコツ
12:16
4-3.ヒアリングのコツ

4-3.ヒアリングのコツ

4-4.ユーザー像のまとめ方と課題発見
08:54
4-4.ユーザー像のまとめ方と課題発見

4-4.ユーザー像のまとめ方と課題発見

4-5.お題:ユーザー像を定義しよう
NoVideo
4-5.お題:ユーザー像を定義しよう

4-5.お題:ユーザー像を定義しよう

5.方法:代替手段から課題を見つける
00:00
5.方法:代替手段から課題を見つける

5.方法:代替手段から課題を見つける

5-1.ユーザーが他に取っている手段から課題を見つけよう
00:00
5-1.ユーザーが他に取っている手段から課題を見つけよう

5-1.ユーザーが他に取っている手段から課題を見つけよう

5-2.代替手段を調べよう
00:00
5-2.代替手段を調べよう

5-2.代替手段を調べよう

5-3.代替手段を自社サービスで満たせる考えよう
NoContent
5-3.代替手段を自社サービスで満たせる考えよう

5-3.代替手段を自社サービスで満たせる考えよう

5-4.お題-代替手段を調べて課題を考えよう
NoContent
5-4.お題-代替手段を調べて課題を考えよう

5-4.お題-代替手段を調べて課題を考えよう

6.方法:成功体験から課題を見つける
00:00
6.方法:成功体験から課題を見つける

6.方法:成功体験から課題を見つける

6-1.成功体験はヒントの宝庫
NoContent
6-1.成功体験はヒントの宝庫

6-1.成功体験はヒントの宝庫

6-2.成功体験を改善施策に落とそう
NoContent
6-2.成功体験を改善施策に落とそう

6-2.成功体験を改善施策に落とそう

6-3.お題 成功体験から改善点を探そう
NoContent
6-3.お題 成功体験から改善点を探そう

6-3.お題 成功体験から改善点を探そう